数字を追いかける営業から、人を育てる組織長に hiroaki

数字を追いかける営業から、人を育てる組織長に

ディストリクトコマーシャルマネジャー

hiroaki

2003

中途入社

入社1年ちょっとで大抜擢
新しいプロジェクトリーダーに

入社して最初に担当したのは、静岡県の郊外。そこでの成果が認められ、静岡市の中心部を任されました。ちょうどその年に中部地区の全体会議で成果事例を発表する機会があって、県を代表してプレゼンしたんです。すると、たまたま見に来ていた本社のセールスディレクターから「新しいプロジェクトのマネジャーをしないか」と大抜擢。まだ1年ほどの社歴しかないのに、全社で取り組んでいるプロジェクトのマネジャーに。もの凄い予算もついている。上手くいきすぎて怖いと感じたほどでした。これまで静岡県を出たことのなかった自分が都心のオフィスで働く。まるで映画のようでびっくりしましたね。

hiroakiさん

都心に近づくにつれて、
ビジネスも責任も大きくなる

本社でプロジェクトに1年間携わって、翌年から千葉エリアのユニット コマーシャル スーパーバイザーに昇進。その後、売り上げ規模のより大きな都心へと異動になりました。都心部に近づくにつれて、会社から評価されていることを感じましたね。順調にキャリアを積む中、部下とのコミュニケーションという新たな課題が目の前に現れます。そこで助かったのは、会社のコーチングというトレーニング制度でした。もともとは部下に対して具体的に指示を出すスタイル。トレーニングを受ける中で「目的とゴールを明確にすること」、「部下の課題に対する根本原因をロジカルに考えること」を学び、彼ら自身に答えを導き出させるスタイルに変わったんです。

hiroakiさん

充実のサポート体制で、キャリアアップ

前職で営業をしていたころは、ただ「売上のノルマを追いかけろ」というスタイルで、自分にも会社にも成長のイメージが見えなくなっていた。その点フィリップ モリス ジャパンは真逆で、考え方から社員をサポートする仕組みがある。また、外資系の企業らしく実力次第で上がっていける。キャリアアップに性別も学歴も関係ないんです。おかげでさらに上の役職へと進めた。いまでは日本で一番マーケットシェア*の高いエリアのマネジャーとして、60人が所属する組織の統括をするようになりました。入社したころからは想像もつかない自分。これからもどうなっていけるのか、楽しみでしょうがないですね。
*フィリップ モリス ジャパンのマーケットシェア(日本たばこ協会調べ)

hiroakiさん

大事にしている合い言葉
“I think”(自分で考える)

部下たちが自ら考え、自ら戦略を立てて、トライ&エラーをくり返しながら成長していく。「自分で考える」からこそ、ボトムアップ型の組織が作れるんです。まずは数人いるユニット コマーシャル スーパーバイザーの一人ひとりに毎月"I think"のコーチングを始めました。すると、ある時一人が「実は私も部下にコーチングをはじめたんです」と言ってきました。いやぁ、嬉しかったですね。そうやって"I think"がチーム全体に伝わっていく。そういうサイクルが自己成長につながり、いずれは組織の、そして会社の成長にもつながっていくのだと信じています。

hiroakiさん

転職を考えている方へ

トップダウン型の企業ではないのが、フィリップ モリス ジャパンの良いところです。その反面、自分でいろんな意味を考えながらビジネスをしていかなければならないと思います。自分で考えることができ、成長ができる会社だと思います。

hiroakiさん

関連する採用ポジション

フィールドセールス

担当エリア内のコンビニエンスストア、たばこ店等のお客様に対してフィリップ モリス ジャパン製品の販売促進活動を行い、マーケットシェアを高めることが使命となります。

セールス

キーアカウント、フィールドセールスの統括に加え、最適なコマーシャルプランの立案及びサポート。

関連する社員インタビュー