大きな変革期にある マーケットそれをリサーチする面白さ YUKIHISA

大きな変革期にある マーケットそれをリサーチする面白さ

ディレクター マーケットリサーチジャパン ハブ

YUKIHISA

2011

中途入社

日本を重要拠点と考えている、
という視点で選んだ外資系企業

フィリップ モリス ジャパンに入社する前は、18年にわたって外資系企業でマーケットリサーチをしていました。そのうち5年間は海外で勤務。家庭の事情で日本に帰ることになり転職したのです。フィリップ モリス ジャパンで市場調査や消費者理解をする醍醐味は、製品の改良に加えて、感情に訴える要素が大きいこと。また、日本のマーケットの重要性が高く、会社の成長と共に自分自身が成長できる機会を与えてくれると思ったのが、フィリップ モリス ジャパンを選んだ大きな理由でした。

YUKIHISAさん

IQOSによって
加速するダイナミズム
いまだからこそ味わえる楽しみ

日本のたばこマーケットは約4兆円*。現在約300の銘柄があって、そこに毎年約30の新銘柄が現れる。大きなスケールでダイナミックに動いていくのがこのマーケットの魅力です。さらにIQOSという新しい製品が登場して、業界自体が大きく変化しています。また、IQOSの登場によりIQOSストアを持ってブランド発信ができるようになりました。今までは消費財を売っていたのに、IQOSは耐久財に関するリサーチも必要になります。今後のたばこビジネスをどのようにドライブしていくか。いままで培ってきた知識や経験と、さまざまなリサーチ結果を踏まえ、法令順守しながら責任ある企業として考える。大変だけれど、同時にやりがいを感じる。それがフィリップ モリス ジャパンのマーケティングであり、調査するリサーチャーの面白さなんです。
*日本たばこ協会調べ

YUKIHISAさん

企業文化は
"Help others"(助け合い)と
"Spontaneous"(自発的)

入社して感じるのは、困っている人がいたら誰もが助けようとする習慣があること。本来の仕事ではなくても、何の抵抗もなく時間のある限り「助け合う」。決して認められたいわけではなく、「自発的」に行っているのがこの会社の一番良いところですね。「助け合い」の精神と、外資系らしい「自発的」な部分が共存する。それがフィリップ モリス ジャパンの社風ですね。

YUKIHISAさん

転職を考えている方へ

IQOSが市場に出て、今は、本当にエキサイティングなタイミングです。そんな中、日本人は新しいもの好きである一方、本当に良いものを常に求めていると思う。まだまだいろんな製品が出てくるはず。そこに関わっていけるのは非常に面白いと思います。

YUKIHISAさん

関連する採用ポジション

マーケティング

消費者ニーズに基づいた長期的戦略、製品開発、デジタルを活用したキャンペーンを立案し、ブランド価値及びシェアを拡大。

IQOS

革新的な加熱式たばこ、IQOSのビジネス戦略を立案。成人喫煙者に対し、紙巻たばこからIQOSへの切り替えを促進。

関連する社員インタビュー